不眠解消には、小説などのカタイ本がお勧め

絵と詩が好きな中学男子 > 生活 > 不眠解消には、小説などのカタイ本がお勧め

不眠解消には、小説などのカタイ本がお勧め

私は探偵小説などを非常に数多く読んでまいりました。

コナンドイルや松本清張というような種類を頻繁に読んだ時の経験からしますと、本の読み始めは、まえがきから次第に本文に入っていくのですが、最初の部分は、ストーリーの内容が全く分かりませんので、その説明書きを覚えるのがかなり面倒くさく感じたものです。

一定のところまで、概要を把握した時点辺りから、どんどんと小説の中に引き込まれていき、序章の面倒くささと、眠れなくてどうしようという意識が次第に薄まっていくのが常でした。

そして、小説を三分の二から四分の三ほど読み進んだあたりから、自然に眠気がやってくるのを確認するようになります。

こうなった段階では、もう「このまま眠れなかったらどうしよう」とか「眠らないと朝早く出ないといけないのに・・・」というような思考回路がいつの間にか、完全消去されてしまい「もうこれ以上読めない」「最後まで読まないといけないのに」という風に、完全変化を起こし、結果自然に眠ってしまう事になります。

北の大地の夢しずく 口コミなら

関連記事

  1. 不眠解消には、小説などのカタイ本がお勧め
  2. 抜け毛の対策のためにシャンプーを調べています
  3. 生活用品で住まいを快適な空間にチェンジしよう
  4. 動画を見て分かるフラッシュモブの事
  5. テスト