4つの方法を比べよう

絵と詩が好きな中学男子 > お試し > 4つの方法を比べよう

4つの方法を比べよう

破産宣告の際に持っている債務にあたり保証人となる人物がいる場合には早い段階で連絡しておいたほうが無難です。

 

ふたたび、強調しておきますが、保証人となる人物を立てているときは、自己破産以前に少し検討する必要があります。

 

なぜなら、あなた自身が破産手続きを取って免除がおりると、補償する立場の人が債務をすべてかぶる必要があるからです。

 

やはり、破産申告の前段階に保証人に、それらの経緯とか現状について説明しつつ謝罪をしておかなければなりません。

 

これらは保証人となる人の立場からすると求められることです。

 

破産申告することによって急に何百万円もの支払い義務がふりかかるわけです。

 

そうなると、それ以降の保証する立場の人の行動の方法は以下の4つです。

 

一つめは保証人自身が「全額支払う」という手段です。

 

保証人自身がその大きな債務をラクに返金できるような資産を持っていればこれができるでしょう。

 

でもその場合、自分は自己破産せずに保証人自身に立て替えてもらって自身は保証人となる人に毎月払っていくという方法も取れると思います。

 

もし保証人が破産を検討している人と信頼関係にあるのならば少し返済期間を長くしてもらうことも不可能ではないかもしれません。

 

保証人が合わせて完済不可能でもローン業者も相談すれば分割での返金に応じてくれます。

 

あなたの保証人にも自己破産をされてしまうと、借金が全然戻らないことが考えられるからです。

 

保証人が借金を代わって払う財力がなければ債務者とまた同様に何らかの方法での債務整理をすることを選ばなければなりません。

 

続く選択肢は「任意整理」による処理です。

 

この方法を取る場合貸方と相談することにより、5年以内くらいの年月で完済していく感じになります。

 

弁護士などに依頼するにあたってのかかる費用は1社ごとに4万円。

 

全部で7社から借り入れがある場合28万円ほど必要です。

 

当然債権者側との示談を自分でチャレンジすることもできないことはないかもしれませんが、この面での知識がない人だと向こう側が自分に有利な案を押してくるので、注意しなければなりません。

 

また、任意整理になるとしたとしても保証人となる人に債務を払ってもらうわけですから、あなたは少しずつでも保証してくれた人に支払っていくべきでしょう。

 

次の3つめは保証人である人も返せなくなった人と同様「破産を申し立てる」ということです。

 

その保証人も返せなくなった人と同じように破産申告すれば、あなたの保証人の借金も消えてしまいます。

 

ですが、不動産などを所有している場合はそういった個人財産を没収されますし、法令で資格制限のある業界にいるのであるならば影響を受けます。

 

個人再生制度を検討することができます。

一番最後に4つめですが「個人再生という制度を使う」方法についてです。

 

土地建物等を処分せずに債務整理を希望する場合や、自己破産手続きでは資格に影響する職業にたずさわっている場合にふさわしいのが個人再生という制度です。

 

この手段なら、不動産は処分する必要はありませんし破産手続きのような職業制限、資格制限等が一切ありません。

 



関連記事

  1. 夫に浮気されたらどうしよう
  2. 理不尽な言い訳
  3. 4つの方法を比べよう
  4. テスト